kawakatsu_blog

インコや革靴をこよなく愛する普通のリーマンが普通のことをかく日記やら備忘録

【動画紹介】革靴のお手入れフルバージョン動画

 

こんばんわ、カワカツです。

今日は革靴のお手入れ動画紹介を紹介しようと思う。

 

www.youtube.com

 

コロンバスが配信している靴のお手入れの動画。
この動画、ただ靴を磨いてきれいになるのを見せてくれるだけではない。
雨の日などのシチュエーションに応じた手入れ方法、コパやレザーソウルといった本格的な部分のメンテナンス方法、さらにはスウェードやヌバックなどの通常の革靴とは一味違う特殊な靴の手入れ方法を解説してくれている。

 

コロンバス製品の紹介や使いどころの動画ではあるけど、靴磨きや普段のメンテナンスの流れや必要な道具がわかったり、いろいろな種類の靴に応じたメンテナンスに欠かせない知識やそろえるべき道具が一通り網羅されている。
音声解説もあるので自然に頭に入ってくれる。

馬毛や豚毛のブラシの使い分けのようなところからきちんと解説されているので、この動画をしっかり見ておけばこれから買い替えたり買いそろえる人でも迷うことはない、

上品な音と柔らかい解説の音声が心地よくて作業用BGMになるw


ちなみに、コロンバスの製品で僕はワックスを使っている。

「ツヤだしMAX」を使用していて、鏡面磨きに欠かせないものになっている。

 

↓はAmazon 

靴用 ツヤ出しWAX 缶入り靴クリーム クロ
 

 楽天はこちら↓

 

僕は2つ常備していて、一つはドライワックスといって、わざと乾燥させて固形にさせた状態にしている。
まず、乾燥させていない方で鏡面の下地をつくって、それが乾いたらドライワックスと水で鏡面仕上げにする工程をとっている。

なぜ同じワックスを違う状態で使っているかというと、乾燥させていたい方のワックスは溶けやすく、ドライワックスは水分が蒸発しているために成分が濃くなるというそれぞれのメリットがある。

乾燥しているワックスは溶けにくく、それだけ銀面(皮の部分)に均等に広げることが難しいためにムラができやすくなってしまう。
乾燥させていない方のワックスは液状に近く、指の温度で簡単に溶けるので均等に塗り広げやすい。

 

そのため、まずは乾燥させていないワックスで均等に塗り広げていき下地ができたら、今度は水分が蒸発して成分の濃いドライワックスで布と水を使って磨き上げ、鏡面に仕上げていくというのが僕のやり方だ。

 

コロンブスの「ツヤだしMAX」であれば、2つ用意しても1000円いくかいかないかなので、靴磨きに挑戦するのであれば2つあっても絶対に損はしない。
それに、そもそもワックスはどの商品も価格はそんなに変わらないので、どのブランドを購入するとしても決して敷居が高くなるわけではない。

ワックスの中にもたくさんの特徴があって、粒子の細かさなどで使い分けがあるみたいで僕はまだまだ勉強中だ。
自分でいろいろ試してみて、レビューやおすすめの商品をここで書けるまでになるのが当面の目標だ。

その時は靴の写真ものせて、違いをわかってもらえればと思う。

今日紹介した動画もそうだけど、靴磨きや革靴の基礎知識は↓の本も参考にしていただきたい。
前にも紹介したけど、これは絶対手元に置いておきたい一冊だ。

 

↓がAmazon

靴磨きの本

靴磨きの本

 

 

楽天はこちら↓

 

革靴や靴磨きが好きな方はぜひ購入してほしい。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。