kawakatsu_blog

インコや革靴をこよなく愛する普通のリーマンが普通のことをかく日記やら備忘録

【煙草のレビュー】世界最高の1mmたばこ

僕は煙草を数種類吸い分けている。

ウィンストン・キャビン・レッド・ワン・100s
フロイド
アイコス

これにもしかしたらプルームテックも加わるかもしれない。

この中で一番好きなのは、キャビンだ。
今のご時世にタバコを進めるのもなんだけど、おすすめの1mmたばことしてキャビンをレビューをしてみたいと思う。

【1mmたばこはキャビンがおすすめ】

このキャビンの1mmなんだけど、理由は以下の通り。
①10cmでお得
②たばこの味が楽しめる
③キャビン1mmには独特の味がある

順にご説明しよう。

①10cmでお得
紙巻きたばこはメジャーなものだと大体7cmと10cmに分かれる。
キャビンの1mmはロングな10cmがある。
価格も他の7cmのキャビンと同じだから、単純にお得。
値段は420円だから、他のたばことあまり変わらない。
コスパの面でお得だ。

②たばこの味が楽しめる
ほかの1mmを何種類か吸ったことがあるけど、味やスロートキック(吸ったときにのどに来る独特の感じ)が他のたばこと比べてダントツに違う。
同じ種類のたばこ何種類かを1mm以外と1mmで吸い比べてみたことがあるけど、味も薄いしスロートキックもだいぶ弱く感じて吸った気になれないのが多い。

それらと比べ、キャビンの1mmは味もスロートキックもちゃんとあり、1mmを吸っているとは思えない深さがある。
逆に、1mmのマイルドな味やのどが弱くてスロートキックが無い方がいい人には進められないが、
今1mm以上のものを吸っている人にはぜひ一度は吸っていただきたい一品だ。
きっと満足いただけると思う。

③キャビン1mmには独特の味がある
パッケージに「テイスティ」と書いてあるんだけど、実際にこのたばこには他にはない味わいがある。
甘味というか、心地のよい風味が出るようになるのだ。
この風味、火種がフィルターに近づけば近づくほど強くなるように感じる。
これは今まで吸ってきたドのたばこにもなく、また同じキャビンのほかの種類にもない味だった。
これを試すだけでも、買ってみる価値はあるように感じる。
ちなみに、僕がキャビン1mmが好きなのは、この独特の風味が一番の理由だ。
今まで何度もデザインが変更されたり、「○○技術でもっとおいしくなりました」のような改善がなされる度に
この風味がなくなっていないかと心配だった。
今のところ、なくなっていないようで愛飲している。

 

この禁煙ブームの真逆を行くこのレビュー、「だんだんニコチンが少ないたばこへ移行してやがて禁煙したい」とか
「新しいたばこを試してみたい」と思った方はぜひ参考にしていただきたい。


※喫煙はマナーを守って、定められた場所で吸いましょう。
 あと未成年は吸うなよ!