kawakatsu_blog

インコや革靴をこよなく愛する普通のリーマンが普通のことをかく日記やら備忘録

【方法】早起きしたければしてみよう【公開】 ③2度寝だけは絶対にしてはいけない

③2度寝だけは絶対にしてはいけない

では前日に寝る時間を早めることに成功したとして、いざ朝になった時の話をしよう。

前日早く眠ることができて、自分に合った睡眠時間が警戒して目覚まし時計が鳴ったとする。

ここで2度寝をしてしまうと、眠気やら体がだるくなるやらでますます起きたくなくなってしまう。

2度寝している最中は気持ちがいいのは確かだけど、そのあと一日が辛い。

頭がボーっとして、時には頭痛がして、とにかく頭脳労働ができない。

では肉体労働はどうかというと、こっちもしんどい。

とにかく全身がおかしくなってしまう。

前日に適切な時間に眠ることができれば、疲れが取れれば自然に目が覚めてくれる。

自然に目が覚めるその瞬間だけは、眠気もないし体も軽いから起きやすいのだ。

その瞬間を逃してはいけない。

その瞬間に「起きる」か「起きない」かで、その日一日が変わってしまう。

自然に目が覚めた瞬間を逃してはいけない。

逆に言えば、自然に目が覚めるのを待たなければいけない。

僕の起きる時間が4~5時とあいまいなのも、前日の眠くなる時間が関係しているからだ。

(もちろん飲みに行ったり遊びに行ったりで極端に帰宅が遅くなったら起きる時間も遅くなる。
それは別にいいと思う。365日必ず同じ時間に起きなければならないのではなく、365日必ず同じ睡眠時間を確保しなければならないのだ)

目覚ましを使わずに、自然に体と脳が目を覚ました瞬間に起きれば、一日は100%パフォーマンスを発揮できる。

続く